MENU

【初めての猫カフェ】マナーやルールは?服装は何が良い?一人で猫カフェデビューも!

当ページのリンクには広告が含まれています。
【初めての猫カフェ】マナーやルール、服装は?これを知れば一人でも怖くない!
  • URLをコピーしました!

猫カフェに行ったこと事ないから、マナーやルールが分からない…
けど、猫カフェに行きたい!

可愛い猫ちゃんたちがたくさん待っている「猫カフェ」

猫カフェでは、在籍している猫ちゃんたちにストレスを与えないために
守るべき基本的なマナーやルールが存在します。

猫カフェで可愛い猫ちゃんたちに会いに行くのだから
せっかくなら猫ちゃんたちと仲良くなりたいですよね。

各猫カフェ毎に細かいルールはありますが、
今回解説するマナーやルールを守ることで、

猫ちゃんたちとの仲がグッと近づくことでしょう。

また、猫カフェに行くと、服に猫ちゃんたちの毛が付いてしまうことがあるので、
猫カフェに適した服装で行くことをおすすめします。

このブログでは、初めて猫カフェに行こうと考えている方
猫カフェでの服装やマナー、ルールについてご紹介していきます。

にゃんぷろ

初めて猫カフェに行く方は、
猫カフェでのマナーや注意点を参考にしてください!

目次

猫カフェとは?

猫カフェとは、猫との触れ合いを楽しむことができるカフェです。

店内では猫が自由に歩き回り、来店客は猫を撫でたり、
抱っこしたりして親しみを深めることができます。

多忙な生活や住環境の制限などでペットを飼うことが困難な人も多く、
猫カフェはそんな猫好きにとって、猫と一緒に過ごせる理想的な空間です。

猫カフェの存在はただのリラクゼーションスポットにとどまらず、
猫とのふれあいがもたらすストレス解消や心の安らぎといった健康効果もあります。

また、様々な種類や性格の猫がいるため、
新しい猫との出会いも楽しむことができます。

さらに、猫の里親を求める活動を行っているカフェもあり、
猫を飼いたいと考えている人にとっては、

実際の猫との生活を体験する貴重な機会にも。

一部の猫カフェでは、飲食や読書を提供するサービスもあり、
猫好きにはさらに居心地の良い空間となっています。

猫カフェの一般的な料金システムについて

多くの猫カフェでは、入店時間に応じた料金が設定されており、
通常は30分や1時間ごとの料金体系があります。

滞在時間を延長する場合は追加料金が発生し、
10分または15分ごとの延長料金が一般的です。

また、料金にドリンクが含まれている場合もあり、
自由に選べるドリンクバーが設置されていることもあります。

長時間の滞在や特定のサービスを利用する場合には、
パッケージ料金が設定されていることがあります。

予約をする場合はキャンセル料が発生することがあるので注意が必要です。

料金はカフェによって異なるため、
訪問前に各カフェのウェブサイトで、最新の料金情報を確認することをお勧めします。

特に週末や祝日は予約しておかないと入店が難しい店舗も多いです。

猫カフェの基本マナー・ルール

猫カフェの基本マナー・ルール一覧

ペットを連れての入店は控える

ペットを連れての入店を控える理由は、

カフェ内の猫たちや他のお客様、
そして持ち込まれたペット自身のストレスを最小限に抑えるためです。

特に猫はテリトリーに敏感な動物であり、
見知らぬ動物の存在がストレスや健康問題を引き起こす可能性があります。

また、衛生面を考慮しても、
他のペットを連れての入店は避けたほうが賢明です。

酔っている状態での来店は避ける

酔っている状態での来店は避ける理由は、
酔っていると予測不能な行動を取りがちであり、

猫カフェ内での事故やトラブルの原因となるからです。

猫は音や急な動きに敏感であり、
騒がしい行動や大きな声は猫にとって大きなストレスとなるため、

訪問する際は落ち着いた状態でいることが求められます。

また、他のお客様の迷惑にもなりかねないため、
酔っ払いの来店は適切ではありません。

猫アレルギーのある人は医師と相談の上で訪問する

猫アレルギーのある人は医師と相談の上で訪問する理由は、
猫アレルギーの症状が予想以上に重く出る可能性があるためです。

猫カフェは多くの猫がいる環境で、
猫の毛やフケがアレルゲンとなり得ます。

医師と事前に相談し、アレルギー対策や症状が現れたときの処置方法を理解しておくことで、
安全に楽しむための準備が整います。

猫を無理に抱き上げない

猫を無理に抱き上げない理由は、
猫は基本的に自分の意志で行動することを好む動物であり、

強制的に抱き上げられると
ストレスや不安を感じることがあるからです。

見知らぬ人による突然の抱擁は猫にとって恐怖の原因となることが多く、
その結果、噛むや引っかくなどの防衛的な行動に出る可能性があります。

ですので、猫が自ら近づいてきた場合に限り、
ゆっくりと接触を試みてください。

許可された食べ物以外は猫に与えない

許可された食べ物以外を猫に与えない理由は、
猫が特定の食品や成分に対してアレルギーや食物不耐性を持っている可能性があるからです。

また、人間用の食べ物に含まれる一部の成分は、
猫にとって毒性を持つことが知られています。

例えばチョコレートや玉ねぎ、ニンニクなどは
猫の健康に悪影響を与える可能性が高いです。

そのため、猫の健康を守るためにも、
猫カフェで許可されている食べ物のみを猫に与えるようにしましょう。

食事中の猫には触らない

食事中の猫に触らない理由は、
猫が食事をとても大事にする動物であるためです。

多くの猫は食事中に邪魔されることを好まず、ストレスを感じることがあります。

特に食べ物をめぐっての防衛本能が働いている時に、
触れられることで怖がったり、攻撃的になったりする可能性があります。

そのため、猫がリラックスして食事を楽しむことができるよう、
食事中は積極的に触れず、安心できる空間にしてあげましょう。

特定の猫を一人占めしない

特定の猫を一人占めしない理由は、
他のお客さんもその猫と触れ合いたいと思っているからです。

猫カフェでは、全員が平等に猫とのふれあいの機会を持つことが望まれています。

一人が長時間同じ猫を独占すると、
他のお客さんがその猫と触れ合う機会が減少し、全体の体験が損なわれる可能性があります。

そのため、猫カフェを訪れる際には、特定の猫を独り占めにせず、
他のお客さんとも公平に猫と触れ合う機会を共有しましょう。

写真撮影時にフラッシュやライトの使用は控える

写真撮影時にフラッシュやライトの使用を控える理由は、
猫の目に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

猫の目は非常に敏感で、
強い光によって驚いたりストレスを感じたりすることがあります。

また、フラッシュの明るい光は、
猫の目に一時的な視覚障害を引き起こすことがあり、

猫が不安や恐怖を感じる原因になることもあります。

このため、猫の快適さと安全を考慮して、
フラッシュを使わずに自然光での撮影が推奨されます。

猫に触る前に手を消毒する

猫に触る前に手を消毒する理由は、
猫への感染症のリスクを低減するためです。

人間の手には見えないバクテリアやウイルスが付着しており、
これらが猫に移ることで、猫が病気にかかる可能性があります。

また、猫カフェには多くの人が訪れるため、
他の訪問者から手に付着した細菌やウイルスが猫に移るリスクもあります。

手を消毒することで、感染のリスクを軽減し、
猫と訪問者の双方にとって安全な環境を維持しましょう。

寝ている猫を無理に起こさない

寝ている猫を無理に起こさない理由は、
猫がストレスを感じることを避けるためです。

猫は睡眠を大切にする動物であり、
十分な休息は彼らの健康にとって重要です。

無理に起こされることで猫がストレスや不安を感じ、
それが健康問題や攻撃的な行動につながることもあります。

猫がリラックスして過ごせるように、
彼らが自然に目覚めるのを待つのが最善です。

猫による引っかきや咬みつきは自己責任で対処する

猫による引っかきや咬みつきを自己責任で対処する理由は、
猫カフェでは多くの性格が異なる猫との接触があるためです。

猫はそれぞれ性格が異なり、予期せぬ状況で怖がったり、
イライラしたりすることがあります。

このような時、猫は自分を守るために、
引っかいたり咬みついたりすることがあります。

来店者は猫の行動を理解し、
適切な接し方を心がける必要がありますが、

もし引っかかれたり咬まれたりした場合は、
そのリスクを自己責任として受け入れることが前提となります。

店内で大声を出さない

店内で大声を出さない理由は、
猫たちを不安やストレスから守るためです。

猫は騒がしい環境を苦手とし、大きな音に敏感です。

したがって、猫カフェでは穏やかで安心できる環境を提供することが重要であり、
来店者には静かに行動することが求められます。

これにより、猫たちがリラックスして快適に過ごすことができ、
来店者も猫たちとのふれあいを楽しむことができます。

猫を追いかけない

猫を追いかけない理由は、
猫のストレスを避けるためです。

猫は基本的に自分のペースで行動する動物であり、
無理に追いかけられるとストレスを感じることがあります。

特に猫カフェのような公共の場では、
多くの猫が一緒にいるため、猫同士のストレスも考慮する必要があります。

来店者が猫を追いかけると、猫が驚いたり恐怖を感じたりすることがあるため、
そうした行動は避けましょう。

店内での喫煙は禁止

店内での喫煙が禁止されている理由は、
環境を清潔かつ快適に保つためです。

喫煙による煙やにおいは、
他の来店者に不快感を与える可能性がありますし、

猫を含むペットの健康にも悪影響を及ぼすことが知られています。

特に猫は嗅覚が敏感なため、
タバコの煙は彼らにストレスや健康問題を引き起こす原因となることがあります。

このため、店内環境を快適に保つとともに、
動物と人間双方の健康を守る目的で、

ほとんどの猫カフェでは喫煙を禁止されています。

小学生の入店は事前に店に確認する

小学生の入店を事前確認する理由は、
猫カフェの運営方針や安全管理の観点から来ています。

特に小さな子供がいる場合、猫に対する適切な接し方を理解していないことが多く、
猫たちや子供自身が傷つくリスクがあります。

また、カフェ内の落ち着いた環境を保ち、
他の来店者にも快適に過ごしてもらうために、

小学生の入店については事前に確認し、
適切な対応をとる必要があるのです。

このように、すべての来店者とペットの安全を守り、
良好なカフェ環境を維持するために事前確認が求められるわけです。

飲食物の持ち込みは事前に店と確認する

飲食物の持ち込みを事前に店に確認する理由は、
食品安全規制とカフェの衛生基準を守るためです。

持ち込まれた食品が猫や他の動物に有害であったり、
アレルギー反応を引き起こす可能性があるため、

カフェ側はこれを厳しく管理しています。

また、外部から持ち込まれる食品が原因で発生する食中毒などのリスクを避けるためにも、
猫カフェ側は自店で提供する食材の安全性を保証する必要があります。

したがって、安全かつ健康的な環境を保持するためには、
飲食物の持ち込みについて事前にカフェと確認を取ることが必要とされているのです。

おもちゃの持ち込みは店の許可を得てからする

おもちゃの持ち込みは店の許可を得てからにする理由は、
猫カフェ内の猫や他の来店客に対する安全を確保するためです。

持ち込まれたおもちゃが猫に有害な材質であったり、
怪我を引き起こす可能性がある場合があります。

また、他の来店客への迷惑や猫の健康を考慮して、
猫カフェ側がおもちゃの種類や使用方法を事前にチェックする必要があります。

これにより、カフェは安全かつ快適な環境を提供することができます。

猫カフェに適した服装とは

靴下の持参

一般的な猫カフェの場合、室内で靴を脱ぐため、
清潔な靴下の着用が必須です。

新しい靴下を持参し、
店内に入る前に履き替えることが推奨されます。

これは、靴底に付着しているパルボウイルスなど
外部からの病原体を室内に持ち込まないための予防措置として重要です。

過去、「猫カフェ MOCHA」という猫カフェで
パルボウイルスのパンデミックが発生し、

在籍していた猫が50匹死亡するという悲劇が起きました。

当時は直近で「猫カフェ MOCHA」に行っていた方は
他の猫カフェで出禁扱いになっていた程なので、

猫の安全を守るためにも、新しい靴下を持参しましょう。

猫の爪が引っかかりやすい素材を避ける

レースなどの素材は、猫の爪が引っ掛かりやすく、
トラブルの原因となります。

また、紐や毛糸は猫が誤って飲み込むリスクがあります。

猫と安全に遊べるよう、こうした素材や装飾のある服は避け、
シンプルでスムーズな生地の衣服を選びましょう。

猫の毛が付きにくい服装を心掛ける

猫の毛が付きにくい服装を選ぶことで、
帰宅後のお手入れが楽になります。

明るい色のポリエステルやナイロンなど、
滑らかな生地の服は、猫の毛が付きにくく、扱いやすいため推奨されます。

香水やアロマの使用を控える

猫は非常に嗅覚が敏感であり、
アロマオイルや香水の成分が健康に悪影響を及ぼすことがあります。

猫の快適さを考慮して、香りの強い製品は使用しないようにしましょう。

これにより、猫との交流がより安全かつ楽しいものになります。

まとめ

今回は、初めて猫カフェに行く方向けに、
猫カフェでのマナーやルール、服装などについて紹介させていただきました。

この記事で猫カフェでのマナーやルール、服装を知っていただき、
猫カフェでの時間をより充実していただければと思います。

今後も猫カフェ情報を発信していきますので、どうぞお楽しみに!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次